ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

1月の合同礼拝-荊冠堂-

今日は、大学荊冠堂チャペルで合同礼拝を献げました。
いつもとは違った雰囲気の中での礼拝です。
中高チャプレンの堂本先生から聖書のお話しを伺いしました。
パイプオルガンによる奏楽は木村先生です。
礼拝終了後、木村先生からパイプオルガンの説明をしていただきました。
このオルガンは、スイス・フェルスベルク社の三段手鍵盤、足鍵盤つきのオルガンで、2005本のパイプを備えています。高い音、低い音、トランペットの音など、チャペルの中に響きわたる音に子ども達は興味津々です。
年中組のお友だちは、一人ずつパイプオルガンの前に座り、代わる代わる思い思いに弾いてみました。
嬉しそうに弾くお友だち、緊張しながら弾くお友だち。子ども達の反応は様々です。
小さい頃にパイプオルガンを弾いた経験をもつお子さんは多くはないでしょう。
本物に触れる機会。桜美林幼稚園は、そのような機会を大切にしています。
将来、オルガニストが生まれるかも知れませんね。

園長 志村 望

ページトップ

ここからサイトの主なメニューです

桜美林学園のご紹介