ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

小学生との交流会-小山田小学校-

ここ数年インフルエンザの流行で中止になっていた交流会が3年ぶりに行えました。
子ども達同様、小学校の先生や、コーディネータの方々、園の教員も待ちに待った会でした。
「はじめの会」で児童代表のあいさつに続いて1年担任の先生から一日の流れの説明を聞く間、緊張した表情だった桜美林幼稚園の子ども達、一方迎えてくれた1年生からは溢れんばかりの歓迎の気持ちが伝わってきました。
続いて、はと組は1年1組、ひつじ組は1年2組に案内されて、お兄さんお姉さんの隣の席に座らせてもらって、「小学校紹介の発表」が始まりました。ランドセルの紹介、教科書の紹介、ピアニカや独楽回し、けん玉などの特技の披露の後は全員でゲームをしたり、皆の良く知っている「げんき100%」を歌ったり「やきいもグーチーパー」の手遊びを楽しみました。
発表の後は、2人~3人のペアになって学校探検です。お兄さんお姉さんが校庭や体育館、図書室など広い校舎の1階から4階まで、手をつないでやさしく声をかけながら案内してくれました。
「おわりの会」で、1年生から「一緒に歌が歌えて楽しかった」「〇〇ちゃんにありがとうと言ってもらえて嬉しかった」「体育館を案内できて良かった」
園児から「学校探検が楽しかった」「知らないことをたくさん教えてもらった」「教科書を見せてもらった」「ランドセル重かった」などなど
1時間半があっという間に過ぎ、帰りはスロープで名残惜しんで盛大なお見送り、嬉しい楽しいひと時、
1年生は進級の自覚に、園児は小学校への期待につながる良い経験となりました。

副園長 冨田恵美子


右下写真:小学生から一人ひとりにメッセージ付きペンダントのプレゼント

ページトップ

ここからサイトの主なメニューです

桜美林学園のご紹介