ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

保護者の声

「ニコニコ幼稚園」

 お姉ちゃんの幼稚園がずっとうらやましくて、待ちに待った幼稚園。
最初の何日かは涙しながらバスに乗っていましたが、すぐに慣れて、今では待ち遠しくバスを待っています。
 家に帰ると、空になったお弁当箱を「ジャーン!」と毎回ニコニコして見せてくれたり、キリンさんの歌を歌ってくれたり、日々幼稚園で楽しんでいる姿が感じられます。
 いつも温かく見守って下さる先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

年少組 Aさん

「成長の早い遅いは個性」

 成長がゆっくりで、まだまだ幼い双子を年少さんから入園を悩んでいましたが、幼稚園見学をお願いした際に「成長は個性なので大丈夫です。」と言ってくださった言葉に救われました。入園当初は不安そうな顔で園バスに乗っていき、園に着いても泣いているばかりだったのですが、今では笑顔で手を振って登園していけます。優しい先生方とお友達に囲まれて、数か月でびっくりするほど成長しました。桜美林幼稚園に入園して本当に良かったと思っています。

年少組 Bさん

「心の根」

 「ママ大好きだよ」と私に抱きついてからバスに乗っていた娘が、いつのまにか「今日もお土産沢山作ってくるね」とニコニコ笑顔で登園するように。
 製作など一つ一つ誰かを思い心を込め作ったり、外遊びで危なかった時、助けてもらった事に感謝の気持ちをもてる姿に胸があつくなりました。
 大切な「心の根」を桜美林幼稚園の先生方とともに育てていけることに感謝し心強く思っています。

年中組 Cさん

「驚きの成長」

 3月生まれの内弁慶で心配していた娘。年少の1ヶ月間は静かに泣きながらの通園でした。しかしいつしかニコニコで通園。家では習った歌を口ずさみ園生活の再現ごっこをしています。休日には早く幼稚園へ行くという程です。
 これも先生方の多くのご配慮や神さまに見守られている安心感があったからこそ不安も楽しさへ変わったのでしょう。本当に園長先生、また全ての先生方に心より感謝しております。

年中組 Dさん

「大好きな幼稚園」

 涙をぐっと堪えバスに乗っていた年少組から早2年。毎日笑顔でバスの中から手を振る姿に2年間の成長を感じ、嬉しく思います。家では園で習った折り紙を教えてくれたり、その日の出来事を楽しそうに話してくれます。日々子供達に寄り添い、温かく見守って下さる先生方には心から感謝の気持ちでいっぱいです。
 子供達三人が通った桜美林幼稚園での生活も最後の一年です。親子共に素敵な思い出を作ることができたらと願っています。

年長組 Eさん

「ぼくはあおさん」

 普段、自分からは幼稚園のことをあまり話さない子ですが、対面式の日の夜、「みんなあかさんからはじまるんだね。ぼくはきいろさんからはいったんだよね。」と話してくれました。ひとりっ子なのですが、みんなの日などで他の学年のお友だちと交流しているおかげで、年長さんになって年上としての自覚が芽生えてきたようです。
 大好きな幼稚園でお友だちとたくさんの楽しい思い出を作っていってほしいと思います。

註)幼稚園では、年少組を「あかぐみ」、年中組を「きいろぐみ」、年長を「あおぐみ」と呼んでいる。

年長組 Fさん

ページトップ

ここからサイトの主なメニューです

桜美林学園のご紹介